ホーム » 樹木紹介 » 落葉中木 » ハナカイドウ

ハナカイドウ

ハナカイドウ 花

4月、ソメイヨシノが咲き終わった頃に、可愛らしく美しいピンクの花を咲かせます。

色気さえ感じる美しい花は、酔って眠る楊貴妃にたとえられたといわれ、美人の形容詞としても知られます。

植える際は日当たりの良いところに。
水はけの良い、肥沃な土壌を好みます。

日が当たるところに花が多く付くので、枝葉が混み合った所は
剪定し全体的に枝に良く日が当たるようにしてあげましょう。

花は枝先につくのではないので冬の剪定もOKです。花後
に長く伸びた枝を短めに切り揃え、冬の落葉後、全体の姿を整える剪定をしましょう。

萌芽力があるので、わりあい自由に剪定できますが、あまり枝を落すと花芽も切ってしまうので、その年に伸びた短めの枝はきちんと残します。

まれに赤星病が発生する事があるので、ビャクシン類の樹木とは一緒に植えないようにしましょう。

ハナカイドウ

枝いっぱいに花を咲かせるハナカイドウ。周辺の緑にも映えて綺麗です。

ハナカイドウ 花

とても可愛らしい花です。
お問い合わせはこちら
ページトップへ