ホーム » Garden Works » 草花紹介 » 夏~秋に楽しめる花 » ジニア(ヒャクニチソウ)

ジニア(ヒャクニチソウ)

ジニア


可愛らしい花を長期間楽しめるジニア。その長い開花期から、別名「百日草」とも呼ばれます。

写真はジニア・エレガンス。都市緑化フェアを見学に行った際に撮影した写真で、その色とりどりの花の魅力を活かして、花色を取り混ぜて咲かせています。

ほかに、ホソバヒャクニチソウといも言われる、葉の細いジニア・リネアリスや、花壇苗として扱いやすいジニアプロフュージョンなどがあります。

暑さに強く、夏の花壇を元気に彩る一年草です。

分類 : 一年草
原産地 : メキシコ
花期:6月~11月

■ ジニアの育て方

日当たりと水はけの良いところで育てます。
肥沃な土を好むので、植え付け時には腐葉土や堆肥を良く混ぜてあげましょう。

蒸れや泥はねから病気になりやすいので、長雨の季節、寄せ植えならば雨に当たらない所に移動させてあげたほうが無難です。花壇に植えている場合は、泥が跳ねないようマルチングをしてあげましょう。

土をあまり乾燥させすぎても生育が落ちてしまうので、鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと、庭や花壇でも晴天が続いて土が乾燥している時にはたっぷりと水やりをします。より長く花を楽しむ為に、花がらはこまめに摘んであげましょう。

秋の終わりには生育が衰え、枯れていきます。
勢いが衰えてきたら、他の花に植え替えてあげましょう。

ジニア1

ジニア2

ジニア3

ジニア4

ジニア5

ジニア7

お問い合わせはこちら
ページトップへ