ホーム » 施工事例 » 新築外構 » 内と外をつなぐ 優しいエクステリア  【千葉県】
施工事例

内と外をつなぐ 優しいエクステリア  【千葉県】

NATEX千葉営業所

バリアフリー 外構

’ 内と外を繋げる、優しいエクステリア ’を コンセプトに設計。
接道部を塀や扉で囲った クローズ外構ですが、平屋の建物に合わせた ゆったりと開放感のある設えにしています。

車椅子を利用しても 気軽に出入りできるよう、敷地から道路へ少しきつめの勾配をとって段差をなくし、玄関ポーチへは
階段のほかに スロープも併設しました。

母屋との間に芝庭がありますが、基本的にはローメンテナンスで綺麗な状態を維持できるよう、植栽地以外は舗装。
手入れが負担にならない程度の植栽地でも、季節の彩りを楽しめるよう 四季を通じて花や実を楽しめる植栽としています。

スロープと階段

スロープと階段を併設したアプローチ。 スロープは、全体的に乱形石の石貼りとする事で滑りにくい仕様に。
縦桟の飾り手摺と、赤みがかった自然石の舗装が印象的な空間となっています。
階段へと続くアプローチは 方形の石で縁取り、乱形石をアクセントにして、スロープなど 他の舗装空間と調和させました。

シャクナゲモドキとブラシノキ


開放的なアプローチ空間には、シャクナゲモドキと
ブラシノキを植栽。

シャクナゲモドキは、ロドレイアという名前でも知られる、
最近人気が高まりつつある庭木で、シャクナゲの仲間
ではなく、マンサク科の植物。
4~5月に濃いめのピンクの花を咲かせます。

ブラシノキは、その名の通り ブラシ状の赤い花を咲かせ、
エキゾチックな雰囲気を楽しめる丈夫な庭木として人気
があります。

デッキと水栓空間


道路際・窓前の庭空間には目隠しとなる常緑樹を植栽。

ソヨゴや常緑ヤマボウシといった定番の常緑樹だけで
なく、モクレンの仲間で 早春に純白の花を咲かせる
ミヤマガンショウ、ブルーベリーよりもアントシアニンを
豊富に含む果実をつけるアロニア など 関東エリアでは
まだ わりあい珍しい 花木を取り入れています。



『打合せを何度もしていただき、ありがとうございました。
細部にわたり、細かく仕様を決めていただいたので
出来上がりにはとても満足しています。

植栽も四季を通して楽しめるものを植えて頂いてるので
これからが楽しみです。』 と、ご満足頂いています。

提案時イメージパース

【提案時イメージパース】

NATEX 千葉営業所
設計/山下  施工管理/山下  作図/武井
施工会社/ハセカツエクステリア

お問い合わせはこちら
ページトップへ