接ぎ木

植物の繁殖方法の一つ。果樹や花木の繁殖によく利用される。
増やしたい樹木を「穂木」、土台となる植物を「台木」といい、穂木の枝を斜めにカットして、その切断面と同じく切れ込みをいれた台木の切断面を接着して固定しお互いの形成層を密着させて一つの木とする。

うまく接ぐことができれば穂木となる植物と台木となる植物の相性の長所(例:「キレイな花」+ 「病害虫に強い」)を掛け合わせることが出来るが、まれに台木から本来の芽が芽吹き、いつのまにか穂木が枯れてしまう事もある。
お問い合わせはこちら
ページトップへ