ホーム » 樹木紹介 » 常緑中木 » オリーブ

オリーブ


オリーブオイルでしられるオリーブは近年のガーデニングブームにも伴い、人気の定番庭木となっています。
 
ナチュラルなハーブガーデンにあわせる高木として、また、異国情緒のある軽い雰囲気を活かして洋風な外構に植えられる事の多い樹木です。

やや乾燥気味な土でも育つことから、バルコニーガーデンでの鉢植えや、屋上緑化に植える樹木としてもおススメです。

植える際は、日当たりの良いところに。根が浅く張るので、強風にあおられないよう支柱はしっかりと立てておきましょう。

萌芽力が強く、枝が暴れるので剪定は必要です。
モサモサさせておくと強風によって風を受ける面積が広くなりさらに倒れやすくなりますので、混み合った所を透かして形を整え、風通りの良い樹姿にしておきましょう。

様々な品種がありますが、オリーブは他品種の花粉でないと結実しにくい性質があります。実の収穫を楽しみたいなら2品種以上のオリーブを植え、光や風が枝葉に当たるよう剪定をしたり、定期的に肥料を施したりして実の付きやすい環境を整えてあげましょう。

オリーブ1

テラスに植えられたオリーブ。
軽やかな姿が爽やかでテラス空間をお洒落に引き立てます。

オリーブ2

性質は強健で意外と育てやすい樹木。移転前の事務所のあった駅近くでは街路樹にもなっていました。

オリーブ

やはり素焼きの鉢が良く似合います。異国情緒を感じるお洒落な植栽です。

オリーブ 実

オリーブの実。
実は塩漬けにして食べる事ができます。

オリーブ

オリーブの葉
肉厚で、濃い緑の葉は乾燥した気候へ適応した姿とも言われています。
お問い合わせはこちら
ページトップへ